トップ

利回りで選ぶなら、風力発電投資

まもなく定年を控え、不労所得や資産運用に興味を持ち始めた50代の男性です。少しでも有利に運用できる利回りが良い金融商品を探しているところです。最近友人が太陽光発電で売電しているという話を聞いて、それは名案だと思いました。自宅で発電した余った電気を売電で利益を得るのも一種の不労所得に該当するからです。これはいい投資になるかもしれない!

売電事業について調べてみたところ、たしかに太陽光発電より風力発電の方が利回りがよくなりそうな理由がいくつか見つかりました。太陽光発電と比較した風力発電投資のメリットをまとめてみました。風力発電投資ならこちらのサイトが参考になりました。

■風力発電が太陽光発電よりも優れている理由その1
なんといっても、風力発電の一番の魅力はその高額な売電価格にあります。太陽光発電の買取価格は1kwhあたり24円+税なのですが、それに対して20kwh以下の小型風力発電の買取価格は倍以上の55円+税が設定されています。たしかにまだ発電設備のコストが高く、コストパフォーマンスから見れば、太陽光発電に比べて有利とは言い切れませんが、この高額の売電価格が20年間保証されていることは大きな利点でしょう。風力発電投資の高い利回りはこの政府のバックアップによる高単価に支えられているのです。

■風力発電が太陽光発電よりも優れている理由その2
太陽光発電は、太陽が出ているあいだは発電しますが、夜間は発電できない上に朝方、曇りや雨の時は発電量が大きく低下してしまうものです。その上24時間雨でも風でも発電してくれるのが風力発電です。その名の通り、風さえあれば、常に発電し続けてくれているのです。この安定した電力供給による安心感は、雨が降るたびに憂鬱になる太陽光発電には望めないものです。

■風力発電が太陽光発電よりも優れている理由その3
太陽光発電と違い、風力発電には小容量・小面積でもOK!パネルを並べるための土地面積は必要ありません。極端に言えば、風力発電システムひとつが立つだけの面積があればいいのです。もちろん制約はあります。周囲150m圏内に民家が無いこと、地盤の状況なども考慮しなければいけませんが、それでも太陽光発電所よりも少ない容量で多くの発電を行うことができるのは確かです。

■風力発電が太陽光発電よりも優れている理由その4
分譲型風力発電を購入する場合でも、自分で風力発電設備を建設する場合でも、設備投資である点には変わりありません。どちらにも生産性向上設備投資促進税制が適用されます

■風力発電が太陽光発電よりも優れている理由その5
分譲型の風力発電投資を行った場合、物件管理を行う必要はありません。基本的には管理会社が物件管理を含めたアフターフォローを行ってくれます。

島国のため、海からの風をよく受ける、海岸線の多い日本には風力発電に適している候補地はたくさんあることから、さらに風力発電はおおくのひとにしじされて、さらなる発展が期待できるでしょう。そして、風力発電投資の利回りの良さの根拠は、国が定めている固定買取価格が高いことに裏付けされていることには大変安心感を得ることができます。

加えてこの高配当ならぬ高い固定買取価格である売電価格が20年は継続するのです。これは近頃珍しい有望株が現れたと興奮してしまいました。そして、環境に配慮した投資活動という一面も、投資の成功とまた違った意味で満足感を与えてくれます。このような結論から、私は風力発電投資を選んだのです。

Copyright © 風力発電投資の利回りが高い理由とは All rights reserved